【三陸とれたて市場】 旬の食材・魚介類を産地直送  大自然に育まれた三陸の旬を厳選 さがしもとめたあの味は、ありのままの自然の姿にありました。

TOP  >  鮮魚商品一覧  >  今が旬   鮮魚介類    >  【生鮮】活ほたて

【生鮮】活ほたて

【生鮮】活ほたて 【生鮮】活ほたて 【生鮮】活ほたて

 ホタテにさわると、殻がバチッ!せっかくお取り寄せするなら、活きのよい甘ぁ~いホタテも、一緒にどうぞ。1枚からでも、ナイフ付のお得なセットでも。

産地 岩手沿岸南部
保存方法 冷蔵:発送日含め4日
冷凍:約30日
調理区分 生、焼、煮、ボイル、汁物など
備考 むき方の説明書付

 風味抜群ぷりっぷりの貝柱に、コリッコリの食感がクセになる貝ひも。三陸のきれいな海が育んだ「ほたて貝」は、迫力満点の外見にくわえ、ギュッと凝縮された甘みが格別です。
 お刺身や貝焼きなど、簡単な料理でも豪華な「活ほたて」は、お祝いや贈り物にもぴったり。むき方の説明書をお付けします。
 3月~4月は三日月形の部分が大きくなり、冬にむかって貝柱がグンッと太ってきます。

 

活ほたてのお召し上がり方

【ほたての貝焼き】
1.きれいに「ほたて貝」を洗い、貝殻の平らな方を下にして火にかけます。
2.火が通ると、直火側の貝柱がはがれます。裏返して、しっかり火が通るまで焼いてください。
3.醤油にミリン、調味料、香辛料などを加えた、お好みの味のたれで、アッツアツの「ほたての貝焼き」をお召し上がりください。

【ほたての貝ひものお刺身】
ほたての貝ヒモをはずして、お刺身でお召し上がりください。
醤油に洋がらしを溶いた調味料で味つけすると、さらにおいしくいただけます。

 

 

ほたての中腸腺について

 海水の温度が高くなると、ほたて貝の中腸腺の部分に下痢性貝毒が蓄積される場合がありますので、この部分を食べないでください。

 

 

ほたて貝の保存について

 中腸腺の部分から貝柱に臭いが移るのを防ぐため、貝のままの保存はしないで下さい。中腸腺を取り除いた「ほたて」は、冷凍して保存してください。

 

 

ほたての貝毒について
毎週検査で安心・安全品質をお届け

 貝毒とは、海水中のプランクトンの種類の変化により、特に海水温が高い時期に、一時的に貝の中腸腺(人間の腸にあたる部分)内に下痢性の物質が蓄積される現象です。
 越喜来湾を管理している漁協では、定期的にサンプリングを行い、毒素の蓄積を検査しており、検出された場合には、念のため全集荷・出荷を停止する安全処置をとっております。
 食中毒などとは違い、貝類などプランクトンを食べて育つ生物によく起こる現象で、「ほたて」の場合は年間数回出荷停止が発表されることがあります。

 

 限られた水揚げ状況のため、ご希望の魚種や日付指定をお受けすることができません。ご都合の悪い日取りがある場合は、備考欄にそのむねお書き添えください。

大1枚
殻長12cmサイズ

280 円 (税込) 
水揚げしだい

大10枚セット(ナイフセット付)
殻長12cmサイズ、ナイフセット(ホタテナイフ、軍手)

2,600 円 (税込)  セット
水揚げしだい

大20枚セット(ナイフセット付)
殻長12cmサイズ、ナイフセット(ホタテナイフ、軍手)

4,800 円 (税込)  セット
水揚げしだい